トップ 遺産相続とは

サイトマップ

スポンサーリンク
遺産相続について
遺産相続とは
遺産とは、相続財産とは
遺産相続の期限
遺産相続の仕方
遺産相続の税は?
遺産の相続人について
遺産の相続人は誰になる?
遺産相続の権利と順位と割合
子供の遺産相続と離婚した子供
遺産相続で孫の権利と割合
子供がいない夫婦の遺産相続
兄弟の遺産相続
遺産相続で兄弟の相続割合
叔父の遺産相続
叔母の遺産相続
遺産の相続人が認知症なら?
遺産相続の分割・配分について
相続で遺産を分割するには
遺産相続の配分について
遺産相続の遺留分とは
遺産相続の分割協議書について
遺産分割協議書の添付書類
遺産を相続放棄するには?
遺産相続の手続きについて
遺産相続で遺言書がある時
遺産相続で遺言書が無い時
遺産相続手続きに必要な書類
銀行預金の遺産相続手続き
遺産相続で不動産を相続する
遺産相続する不動産の評価額は
土地の遺産相続とは
土地の遺産相続の必要書類
遺産相続で家を相続するには
遺産相続のトラブル事例と調停
遺産相続関連のリンク

遺産相続で家を相続するには
亡くなった人の遺産に、家(建物)がある場合、
何をどうすれば良いのか?
についてです。
まず、亡くなった人が所有していた家には、
法務局で登記されている家と、
法務局で登記されていない家があります。
法務局で登記されている家というのは、
簡単に言えば、法務局の登記簿という書類に登録されている家、
と解釈した方がわかりやすいかもしれません。
法務局では、その法務局の地域にある土地、
家について、所在や地番、種類や面積、所有者名などを、
登記簿という書類に記録して保管しています。
そして、法務局で登記されている家と、
登記されていない家とでは、
遺産相続の仕方が大きく違ってくるのです。
もし、亡くなった人が所有していた家が、
法務局で登記されている家であれば、
家の名義を、亡くなった人の名義から相続人名義に変える必要があります。
なぜなら、法務局で登記されている家は、
亡くなった後も、遺産相続の手続きをしない限り、
亡くなった人の名義のままだからです。
つまり、亡くなった人の相続人から、
遺産相続による名義変更の手続きをしない限り、
いつまでも亡くなった人の名義のままとなります。
そのため、家を売りたい場合や、
家に担保などの抵当権を設定したい場合には、
その前にかならず、相続人の名義に変更する必要があるのです。
ちなみに、亡くなった人の名義の家を、
その相続人の名義に変更する手続きのことを、
専門用語では、相続登記の手続きと呼んでいます。
スポンサーリンク
次に、亡くなった人が所有していた家が、
法務局で登記されていない家であれば、
基本的に、建物表題登記という申請をしなければなりません。
なぜなら、建物を新築した時には、
建物完成後、1か月以内に、
法務局に対して、建物表題登記を申請しなければならないからです。
本来は、家の所有者であった亡くなった人が、
建物表題登記を申請する必要があったのですが、
それをしないで亡くなったため、その相続人がすべきというわけです。
また、亡くなった人の相続人が、
家の建物表題登記を申請しなかったとしても、
亡くなったという事実を役所に届けた場合、同じ役所内であれば、
家の固定資産税の係りにも、通常、その知らせが行きます。
その後、家の固定資産税を、
相続人の誰が支払うご予定なのかを、
役所から問いかけられることになります。
なぜなら、亡くなった人が所有していた家は、
たとえ法務局で登記されていない家であったとしても、
その家を管轄している市区町村役所では、
固定資産税の支払いのため、登録がされているからです。
たとえば、その家の所有者は、誰某で、
納税義務者も誰某といった感じで、
市区町村役所の固定資産台帳に登録されているわけです。
そして、法務局で登記がされていない家、
つまり未登記建物としても、登録されています。
未登記建物とは、読んで字のごとく、
登記が未だされていない建物、という意味です。
しかし、登記がされていない家でも、固定資産税を支払う必要はあり、
その家の所有者が亡くなった時点で、
亡くなった人は、固定資産税を支払うことができなくなります。
そして、その家の所有者が亡くなった時点で、
実態上は、自動的に相続人全員の所有物となりますので、
その家の固定資産税を、相続人の内の誰かが支払う必要があるわけです。
また、その家の所有者が亡くなった時点で、
登記がされていない家について、法務局に建物表題登記を申請して、
亡くなった人の特定の相続人の名義にすることも可能です。
ただし、その場合には、普通の建物表題登記の申請書類に加えて、
相続に必要な戸籍の謄本類や、遺産分割協議書なども、
法務局へ提出が必要になります。
スポンサーリンク
■ 遺産相続サイト メニュー 一覧 ■
遺産相続について
遺産相続とは
遺産(いさん)とは、相続財産とは
遺産相続の期限
遺産相続の仕方
遺産相続の税は?
遺産の相続人について
遺産の相続人は誰になる?
遺産相続の権利と順位と割合
子供の遺産相続と離婚した子供
遺産相続で孫の権利と割合
子供がいない夫婦の遺産相続は?
兄弟の遺産相続
遺産相続で兄弟の相続割合
叔父の遺産相続、独身の叔父の遺産相続
叔母の遺産相続、独身の叔母の遺産相続
遺産の相続人が認知症なら?
遺産相続の分割・配分について
相続で遺産を分割するには (代償分割と換価分割)
遺産相続の配分について
遺産相続の遺留分とは、兄弟の遺留分、遺留分減殺請求
遺産相続の分割協議書について
遺産分割協議書の添付書類
遺産を相続放棄するには?
遺産相続の手続きについて
遺産相続で遺言書がある時 (遺言書の検認)
遺産相続で遺言書が無い時
遺産相続手続きに必要な書類
銀行預金の遺産相続手続き
遺産相続で不動産を相続するには
遺産相続する不動産の評価額は?
土地の遺産相続とは、相続した土地の評価額は?
土地の遺産相続の必要書類と売却
遺産相続で家を相続するには
遺産相続のトラブルの事例と調停
サイトマップ
◆ プライバシーポリシー
◆ 免責事項
遺産相続手続きや、相続関連についてのリンク集
Copyright (C) 2012  遺産相続とは ALL Rights Reserved