戸籍謄本とは、役所にある戸籍を、
書面の形で役所に発行してもらったものを呼びます。

ちなみに、戸籍謄本に対して、戸籍抄本というのもありますが、
この違いは、戸籍謄本は戸籍に記載されている人全員のものが載っているのですが、
戸籍抄本は、その内の指定した人しか記載がないものという違いです。

戸籍謄本は、いろいろな手続で必要となっていますが、
遺産相続手続きにも、戸籍謄本は必要とされています。

遺産相続手続きというのは、故人が残した銀行預金や保険金の受け取り、
不動産や自動車の名義変更の手続きのことです。

手続き上としては、故人の出生から死亡までの連続した戸籍謄本が必要で、
相続人の戸籍謄本も提出しなければなりません。

行方不明の相続人がいても、その人の戸籍謄本抜きには、
手続きを進めて完了させることは出来なのです。

スポンサーリンク

また、戸籍謄本は平成6年頃の法改正により、人口の少ない地域の役所では、
電子化されている役所が多いのですが、人口の多い地域の役所では、
時間かかる関係上、まだ縦書きの戸籍謄本の感じがします。

それでは、戸籍謄本には何が記載されているのでしょうか?

まずは、両親の名前です。
そして、続柄です。長男なのか二男なのかです。

そして、名と生年月日が記載されています。
生まれた時の情報として、どこそこで生まれて、誰々がその出生の届出をした、
ということも記載されています。

そして、婚姻歴のある人は、いつ、誰と婚姻して、
どこの戸籍に出たということも記載されています。

それと同じく、離婚歴のある人は、いつ、誰と離婚して、
どこの戸籍に出たということも記載されます。

離婚して、新しく自分で戸籍を作る人もいれば、
親の戸籍に戻る人もいます。
この親の戸籍に戻ることを復籍と呼びます。

スポンサーリンク