トップ 遺産相続とは

サイトマップ

スポンサーリンク
遺産相続について
遺産相続とは
遺産とは、相続財産とは
遺産相続の期限
遺産相続の仕方
遺産相続の税は?
遺産の相続人について
遺産の相続人は誰になる?
遺産相続の権利と順位と割合
子供の遺産相続と離婚した子供
遺産相続で孫の権利と割合
子供がいない夫婦の遺産相続
兄弟の遺産相続
遺産相続で兄弟の相続割合
叔父の遺産相続
叔母の遺産相続
遺産の相続人が認知症なら?
遺産相続の分割・配分について
相続で遺産を分割するには
遺産相続の配分について
遺産相続の遺留分とは
遺産相続の分割協議書について
遺産分割協議書の添付書類
遺産を相続放棄するには?
遺産相続の手続きについて
遺産相続で遺言書がある時
遺産相続で遺言書が無い時
遺産相続手続きに必要な書類
銀行預金の遺産相続手続き
遺産相続で不動産を相続する
遺産相続する不動産の評価額は
土地の遺産相続とは
土地の遺産相続の必要書類
遺産相続で家を相続するには
遺産相続のトラブル事例と調停
遺産相続関連のリンク

遺産相続の仕方
遺産相続の仕方を、概略的な流れで表しますと、
大きく分けて以下の2つの流れになることが多いです。
1つは、亡くなった人の遺言書が無い場合です。

①亡くなった人と相続人全員の戸籍類をすべて集める。
      ↓
②戸籍から読み取った相続人全員で、遺産相続の話し合いをする。
      ↓
③遺産分割協議書を作成する。
      ↓
④亡くなった人の銀行預金や保険金、
 株や不動産などの具体的な相続手続きに入る。
まず、①の戸籍類については、もっと具体的に言えば、
亡くなった人の出生から亡くなるまでの戸籍や除籍の謄本類と、
相続人全員の戸籍謄本と住民票(又は戸籍の附票)のことです。
なぜ、これらの謄本類が最初に必要になるのかと言えば、
亡くなった人の出生から亡くなるまでの謄本類から、
亡くなった人の相続人全員を、正確に特定することができるからです。
つまり、亡くなった人の出生から亡くなるまでの謄本類を読むことで、
亡くなった人の子供が誰々なのかがわかるということです。
さらに、亡くなった人の銀行預金や保険金、
株や不動産などの相続手続きでも、
謄本類を提出して、相続人が誰々なのかを証明しなければなりません。
ただ、亡くなった人に子供や孫がいない場合には、
亡くなった人の両親、または、兄弟姉妹が相続人になることもあり、
必要な戸籍類の範囲はさらに広がることになります。
スポンサーリンク
次に、亡くなった人が自筆ですべて書いた遺言書がある場合です。
①亡くなった人と相続人全員の戸籍類をすべて集める。
      ↓
②家庭裁判所で、遺言書の検認の手続きを受ける。
      ↓
③検認済みの証明のある遺言書によって、
 亡くなった人の銀行預金や保険金、
 株や不動産などの相続手続きを進める。
以上が、遺言書がある場合の遺産相続の仕方となります。
亡くなった人の遺言書がある場合には、
原則、遺言書の内容通りに相続を進める必要があるのですが、
残された遺言書そのままでは、銀行などの相続手続きに使用できません。
なぜなら、亡くなった人が自筆で全文を書いている遺言書は、
まず、家庭裁判所で、遺言書の検認を受けること、
ということが法律で定められているからです。
そのため、相続手続き先の金融機関や役所も、
検認済みの遺言書かどうかを確認しますので、
検認を受けていなければ、先に検認をするように求められるのです。
また、遺言書の検認のために、家庭裁判所に提出する書類としては、
亡くなった人の出生から亡くなるまでのすべての戸籍類と、
相続人全員の戸籍謄本と住民票(又は戸籍の附票)が必要になります。
これらの戸籍類がそろっていなければ、
遺言書の検認手続きを受けることができなくなりますので、
必要な戸籍類の収集には、最新の注意が必要なのです。
ちなみに、亡くなった人の相続人が、
亡くなった人の両親や、兄弟姉妹になるようなケースでは、
検認に必要な戸籍類の範囲もさらに広がりますので、注意が必要です。
なお、亡くなった人の遺言書が公正証書遺言書の場合、
遺産相続の仕方は、
全文自筆の遺言書の場合とは異なります。
なぜなら、公正証書遺言書であれば、もともと公に証明されているため、
家庭裁判所の検認手続きを受ける必要がありませんので、
すぐに、銀行預金や保険金、
株や不動産の相続手続きに入ることが可能だからです。
スポンサーリンク
■ 遺産相続サイト メニュー 一覧 ■
遺産相続について
遺産相続とは
遺産(いさん)とは、相続財産とは
遺産相続の期限
遺産相続の仕方
遺産相続の税は?
遺産の相続人について
遺産の相続人は誰になる?
遺産相続の権利と順位と割合
子供の遺産相続と離婚した子供
遺産相続で孫の権利と割合
子供がいない夫婦の遺産相続は?
兄弟の遺産相続
遺産相続で兄弟の相続割合
叔父の遺産相続、独身の叔父の遺産相続
叔母の遺産相続、独身の叔母の遺産相続
遺産の相続人が認知症なら?
遺産相続の分割・配分について
相続で遺産を分割するには (代償分割と換価分割)
遺産相続の配分について
遺産相続の遺留分とは、兄弟の遺留分、遺留分減殺請求
遺産相続の分割協議書について
遺産分割協議書の添付書類
遺産を相続放棄するには?
遺産相続の手続きについて
遺産相続で遺言書がある時 (遺言書の検認)
遺産相続で遺言書が無い時
遺産相続手続きに必要な書類
銀行預金の遺産相続手続き
遺産相続で不動産を相続するには
遺産相続する不動産の評価額は?
土地の遺産相続とは、相続した土地の評価額は?
土地の遺産相続の必要書類と売却
遺産相続で家を相続するには
遺産相続のトラブルの事例と調停
サイトマップ
◆ プライバシーポリシー
◆ 免責事項
遺産相続手続きや、相続関連についてのリンク集
Copyright (C) 2012  遺産相続とは ALL Rights Reserved