戸籍には必ず、
戸籍の附票がついています。

戸籍の附票というのは、
戸籍にいる人の住所の移り変わりがわかるもので、
その人の過去の住所が記載されているものです。

ただ、戸籍の附票は、戸籍が閉鎖されてから
5年間しか保存されないというのが基本なので
最近の戸籍にしか、戸籍の附票は付いていないのが現状です。

そして、住民票と同じように、
住所を証する書面となります。

あまり知られていないのですが、
実は、不動産の相続の場合、住民票よりも、
戸籍の附票の方が、使用範囲が広く使いやすいという面があります。

スポンサーリンク

例えば、不動産の名義変更では、登記されている人(被相続人)の住所が、
亡くなるまでの住所とのつながりを証明しなければなりません。
同一人物かどうかを確認するためです。

それには、1つ前の住所までしか記載されない住民票よりも、
その戸籍ができたときからの過去の住所のすべてが記載されている戸籍の附票の方が、
登記された時の住所まで、もしくは、その近くまでさかのぼれるからです。

そういった意味でも、戸籍の附票を取り寄せておいたほうがより安心でしょう。

遺言書の検認や、遺産相続においても、
住民票を提出すべき書類と記載があっても、
それに代わって戸籍の附票でも大丈夫です。

なぜなら、同じ住所を証明することが出来る公的な書面だからです。

また、行方不明者を探す場合には、住所がわからなければ、
住民票を取得することができませんが、戸籍の附票であれば、
本籍地と筆頭者がわかれば取得でき、
戸籍の附票には、住所が記載されているので、居所の参考にできるのです。

つまり、住所が分からなくても、
戸籍をたどり、その戸籍の附票を見れば、
住所が記載されているということです。