トップ 遺産相続とは

サイトマップ

スポンサーリンク
遺産相続について
遺産相続とは
遺産とは、相続財産とは
遺産相続の期限
遺産相続の仕方
遺産相続の税は?
遺産の相続人について
遺産の相続人は誰になる?
遺産相続の権利と順位と割合
子供の遺産相続と離婚した子供
遺産相続で孫の権利と割合
子供がいない夫婦の遺産相続
兄弟の遺産相続
遺産相続で兄弟の相続割合
叔父の遺産相続
叔母の遺産相続
遺産の相続人が認知症なら?
遺産相続の分割・配分について
相続で遺産を分割するには
遺産相続の配分について
遺産相続の遺留分とは
遺産相続の分割協議書について
遺産分割協議書の添付書類
遺産を相続放棄するには?
遺産相続の手続きについて
遺産相続で遺言書がある時
遺産相続で遺言書が無い時
遺産相続手続きに必要な書類
銀行預金の遺産相続手続き
遺産相続で不動産を相続する
遺産相続する不動産の評価額は
土地の遺産相続とは
土地の遺産相続の必要書類
遺産相続で家を相続するには
遺産相続のトラブル事例と調停
遺産相続関連のリンク

遺産相続で兄弟の相続割合
被相続人(亡くなった人)に子供がいなくて、
両親や祖父母、曾祖父母も全員亡くなっていれば、
亡くなった人の兄弟姉妹が相続人になります。
もし、亡くなった人に配偶者(夫または妻)がいれば、
配偶者と、亡くなった人の兄弟姉妹全員が相続人になります。
逆に、亡くなった人の配偶者が、すでに亡くなっていたり、
離婚していれば、亡くなった人の兄弟姉妹のみが、
相続人となるのです。
また、遺産相続の割合については、
基本的に、相続人全員で自由に決定できるものですが、
民法上では、目安的な割合が定められています。
たとえば、相続人が、亡くなった人の配偶者と兄弟姉妹の場合には、
配偶者が4分の3の割合で、
兄弟姉妹全員が4分の1という割合になっています。
この割合については、亡くなった人の遺産総額に対しての割合ですので、
亡くなった人の遺産が、銀行預金と不動産であれば、
その総額に対しての割合ということです。
そのため、銀行預金については、預貯金額そのままで良いのですが、
不動産については、その評価額を計算して、
預貯金額と不動産の評価額を合計して総額を出すという作業が必要です。
また、この割合のことを、
民法上で定められている遺産相続の割合という意味から、
法定相続分と呼んでいます。
そして、もし、相続人の間で、
遺産相続の割合についてもめた場合には、
この法定相続分が参考にされることが多いです。
スポンサーリンク
では、亡くなった人の兄弟姉妹の内で、
すでに亡くなっている人がいた場合に、
相続割合はどうなるでしょうか?
まず、相続人が、亡くなった人の配偶者(夫または妻)と、
亡くなった人の兄弟2名で、
内1名がすでに亡くなっているケースで考えてみます。
このケースの法定相続分としては、
亡くなった人の配偶者が遺産総額の4分の3で、
亡くなった人の兄弟全員が遺産総額の4分の1の割合です。
そのため、亡くなった人の兄弟1人あたりの割合は、
遺産総額の8分の1という割合になります。
ただ、兄弟の内、1名はすでに亡くなっていますので、
あとは、その兄弟に子供がいるのかどうかです。
もし、すでに亡くなっている兄弟に子供がいなければ、
生きている兄弟のみが相続人となります。
逆に、すでに亡くなっている兄弟に子供がいれば、
法定相続分が、そのまま、兄弟の子供に移ることになります。
ちなみに、亡くなった人の兄弟の子供というのは、
亡くなった人から見て、甥(または姪)にあたる人です。
そして、甥や姪が数人いた場合には、
すでに亡くなっている兄弟の法定相続分を、
頭数で均等に分けることになります。
たとえば、甥や姪が2人いれば、
すでに亡くなっている兄弟の法定相続分8分の1を、
甥姪2人で分けますので、
甥または姪1人あたり16分の1の相続割合になるということです。
次に、相続人として考えられるのが、
亡くなった人の兄弟姉妹4人のみで、内1名はすでに亡くなっていて、
その人には子供が2人いるケースで考えてみます。
相続人が、亡くなった人の兄弟姉妹だけになる時には、
法定相続分としては、兄弟姉妹全員で均等分けです。
ただ、兄弟姉妹の内、1人がすでに亡くなっていて、
その人に子供(亡くなった人から見て甥姪)が2人いれば、
相続人としては、兄弟姉妹3人と甥姪2人ということになります。
その場合、法定相続分としては、
生存している兄弟姉妹3人が、それぞれ8分の2の割合で、
甥姪2人が、それぞれ8分の1の割合となるのです。
スポンサーリンク
■ 遺産相続サイト メニュー 一覧 ■
遺産相続について
遺産相続とは
遺産(いさん)とは、相続財産とは
遺産相続の期限
遺産相続の仕方
遺産相続の税は?
遺産の相続人について
遺産の相続人は誰になる?
遺産相続の権利と順位と割合
子供の遺産相続と離婚した子供
遺産相続で孫の権利と割合
子供がいない夫婦の遺産相続は?
兄弟の遺産相続
遺産相続で兄弟の相続割合
叔父の遺産相続、独身の叔父の遺産相続
叔母の遺産相続、独身の叔母の遺産相続
遺産の相続人が認知症なら?
遺産相続の分割・配分について
相続で遺産を分割するには (代償分割と換価分割)
遺産相続の配分について
遺産相続の遺留分とは、兄弟の遺留分、遺留分減殺請求
遺産相続の分割協議書について
遺産分割協議書の添付書類
遺産を相続放棄するには?
遺産相続の手続きについて
遺産相続で遺言書がある時 (遺言書の検認)
遺産相続で遺言書が無い時
遺産相続手続きに必要な書類
銀行預金の遺産相続手続き
遺産相続で不動産を相続するには
遺産相続する不動産の評価額は?
土地の遺産相続とは、相続した土地の評価額は?
土地の遺産相続の必要書類と売却
遺産相続で家を相続するには
遺産相続のトラブルの事例と調停
サイトマップ
◆ プライバシーポリシー
◆ 免責事項
遺産相続手続きや、相続関連についてのリンク集
Copyright (C) 2012  遺産相続とは ALL Rights Reserved