除籍とは、以前戸籍だったものが、その戸籍にいる人達が全員、
その戸籍から出る(つまり、転籍や亡くなることでその戸籍からいなくなる)ことですが、
その状態になった戸籍を、除籍としています。

実際の戸籍にも、除籍という印が押されています。

また、除籍された人の名前の所には、×(バツ印)がされていますので、
戸籍の中にいる人のなかで、他の戸籍に移動した、つまり除籍した人の名前にも、
×(バツ印)がされています。

全員が×(バツ印)がされれば、
その時に、その戸籍自体が、除籍となるのです。

その戸籍が、除籍なのかどうかは、一目でわかるように、
戸籍の冒頭に、除籍の場合は、除籍という判が通常は押されています。

さらに、末尾にも、これは除籍である旨のことも書かれているのが通例です。

スポンサーリンク

また、除籍については、保存期間が80年となっていましたが、
最近は150年に修正されましたので、
役所に無いということも少なくなるでしょう。

相続関係を知る上でも、除籍は重要な書面となっています。

ただ、明治の最初の頃の除籍謄本や原戸籍は、
すでに役所で保存期間を過ぎ、
役所内で破棄されているものもたまにあるようです。

そして、昭和初期の戦争時には、
それによって焼失した戸籍もあります。

そういった場合でも、遺産相続の手続きでは、
そのことを証明する必要があります。

焼失していたと言っても、
第三者にはそれが本当かどうかわからないからです。

そういったことから、破棄されている場合には、破棄証明を、
焼失して存在しない場合は、焼失証明を役所から発行してもらっておいた方が良いでしょう。

もちろん、そこまで求めてこない所もありますが、
やはり取得しておいた方がベターでしょう。

また、除籍謄本については、除籍謄本とはのページで詳しく解説しますが、
一応、除籍謄本がどんなものなのかのイメージができるように、
以下に、謄本のイメージ画像を載せておきます。

たいていの役所では、
除籍謄本は上記のように縦書きの所が大半です。

最近、除籍になった場合には、
以下のような横書きの電子化された書面となっています。

ただし、画像のように、除籍謄本とタイトルがあるわけではないですが、
書面の末尾あたりに、これは除籍ですといった内容が、
どちらも記載されています。

それによって、その書面が戸籍謄本なのか、
除籍謄本なのかがわかるようになっています。

また、最初の冒頭の部分には、
その戸籍が作成された年月日なども記載されいるので、
参考になると思います。

まとめますと、除籍とは二つの意味があり、
1つは、戸籍から出ることを除籍と呼びます。
もう1つは、誰もいなくなった戸籍のことを除籍と呼ぶのです。

そして、誰もいなくなった戸籍を発行してもらった謄本を、
除籍謄本と呼んでいるのです。

除籍についても、転勤族で几帳面な被相続人である場合は、
転勤したり、住所が変わる度に、本籍も移している人がいます。

そういった場合、異なる役所へ本籍を移した分だけ、
除籍謄本の数も増えていきます。

特に、兄弟相続では、自然に必要となる戸籍謄本や除籍謄本の数が多くなりますので、
一般の方がすべてを集めるのは大変な苦労になることがほとんどです。

そのため、除籍謄本など取り寄せ代行を利用するのも1つの方法でしょう。

スポンサーリンク