代襲相続というのは、
あまり見慣れない言葉だと思いますがわかりますか?
単語自体からは、代わりに襲う相続というのがわかるかと思います。

実は、単語からのイメージどおりの相続のことです。

具体的に言えば、おじいさんが亡くなって、その子が相続人になるのですが、
おじいさんが亡くなった時点で、すでにその子が亡くなっている場合は、
子の子、つまり孫が代わりに相続人となります。これを代襲相続と呼ぶのです。

では、孫も亡くなっていればどうなるでしょうか?
その場合は、孫の子、つまりひ孫が代わりに相続人となります。

また、兄が亡くなり、兄には子がいなくて、
両親も共に亡くなっている場合は、
兄弟姉妹が相続人となります。

兄弟姉妹が全員生存していれば問題ないのですが、
中には高齢者やすでに亡くなっていることもあります。

本来相続人となる兄弟姉妹がすでに亡くなっているような時には、
兄弟姉妹の子が、
兄弟姉妹の代わりに相続人となります。

それでは、兄弟姉妹の子もすでに亡くなっている場合はどうなるでしょうか?
その場合は、兄弟姉妹の孫は代襲相続することはありません。
代襲相続がおよぶのは、兄弟姉妹の子までだからです。

スポンサーリンク

代襲相続と似たような言葉で、
数次相続というものもあります。

言葉自体から想像できるのは、
数次的な相続という感じが受け取れるでしょう。

これも言葉のイメージどおりで、
ひとつの相続が発生して、その相続手続きを完了させる前に、
次の新たな相続が発生して、数次的な相続になってしまっている状態の相続のことです。

具体的には、おじいさんが亡くなり、その子が相続人となっている状態で、
おじいさんが亡くなった後で子も亡くなった時、子に妻と子がいれば、
配偶者と孫が相続人になります。

普通の相続に、
数次的に相続が重なり合ったイメージとなります。

兄弟姉妹の相続では、代襲相続は兄弟姉妹の子までだったのですが、
数次相続となると、それは新たらたな相続なので、兄弟姉妹が亡くなれば、
その子が、そしてその子が亡くなっていれば、孫へと相続が続くことになります。

まとめますと、代襲相続と数次相続の違いは、
代襲相続は、被相続人より前に亡くなっている人がいるときに発生するもので、
数次相続は、被相続人が亡くなった後に相続人が亡くなれば発生するものと言えます。

遺産相続手続きは、相続が発生した時点で、
すぐにでも済ませておく方が良いです。

なぜなら、相続が数次的に重なり合ってくると、
本来、話し合いの必要なかった遠い親戚も、
自分達の遺産相続に関わってこられる可能性も高くなるからです。

たとえば、相続をそのままにしておき、その後相続人が何人か亡くなると、
それぞれ重なって相続が発生することになるので、
該当する相続人が一気に膨れ上がるといったことになりえます。

自分達のためにも、
相続人の数が少ない内に手続きまでしっかりと済ませておく方が、
結局は得と言えるのです。

スポンサーリンク