トップ 遺産相続とは

サイトマップ

スポンサーリンク
遺産相続について
遺産相続とは
遺産とは、相続財産とは
遺産相続の期限
遺産相続の仕方
遺産相続の税は?
遺産の相続人について
遺産の相続人は誰になる?
遺産相続の権利と順位と割合
子供の遺産相続と離婚した子供
遺産相続で孫の権利と割合
子供がいない夫婦の遺産相続
兄弟の遺産相続
遺産相続で兄弟の相続割合
叔父の遺産相続
叔母の遺産相続
遺産の相続人が認知症なら?
遺産相続の分割・配分について
相続で遺産を分割するには
遺産相続の配分について
遺産相続の遺留分とは
遺産相続の分割協議書について
遺産分割協議書の添付書類
遺産を相続放棄するには?
遺産相続の手続きについて
遺産相続で遺言書がある時
遺産相続で遺言書が無い時
遺産相続手続きに必要な書類
銀行預金の遺産相続手続き
遺産相続で不動産を相続する
遺産相続する不動産の評価額は
土地の遺産相続とは
土地の遺産相続の必要書類
遺産相続で家を相続するには
遺産相続のトラブル事例と調停
遺産相続関連のリンク

遺産相続で孫の権利と割合
被相続人(亡くなった人)に子供がいて、
子供が全員生きているのであれば、
遺言書が無い限り、通常、孫は相続人になりません。
ただ、被相続人の子供の内、すでに亡くなっている子供がいて、
その子供に子供(亡くなった人から見て孫)がいれば、
すでに亡くなっている子供の代わりに孫が、相続人となります。
これを専門用語では、
代襲相続と呼んでいます。
代襲相続というのは、(代わりに相続が襲う)という意味で、
本来、相続人であったはずの被相続人の子供が亡くなっていれば、
その子供(被相続人から見て孫)が、代わりに相続人になるという事です。
もし、亡くなった人の遺産として、
借金などマイナスの財産の方が多い場合には、
特に注意が必要になります。
なぜなら、被相続人の子供がすでに亡くなっていて、
その子供(被相続人から見て孫)がいる時には、
孫に相続権が移るため、借金等のマイナス財産も相続してしまうからです。
そのため、被相続人(亡くなった人)の孫であったとしても、
相続放棄をした方が良い場合もあるということになります。
ちなみに、自分はまだ生きているけれども、
自分には子供がいて、さらに孫もいる場合、
孫に遺産を直接相続させたいと思う人もいらっしゃいます。
その場合の1つの方法としては、
遺言書に、そのことを記載する方法や、
孫を養子にする方法があります。
スポンサーリンク
次に、遺産相続の権利が、孫まで移った場合、
その相続権の割合についてですが、
基本的に、孫の親の割合をそのまま受け継ぐことになります。
たとえば、被相続人に配偶者と子供が3人いた場合で、
その内の1人がすでに亡くなっているけれども、
その子供(被相続人から見て孫)が1人いる時の相続権の割合は、
どうなるでしょうか?
その場合、配偶者が遺産総額の2分の1の割合で、
子供3人全員で、遺産総額の2分の1の割合というのが、
法定相続分となっています。
そのため、被相続人の子供1人あたりの割合とすれば、
遺産総額の6分の1の割合となるわけです。
そして、子供3人の内、すでに亡くなっている子供がいれば、
代襲相続によって、孫に相続権が移りますが、
その相続の割合6分の1も、孫にそのまま移ることになるのです。
では、もし、すでに亡くなっている子供に、
2人の子供(被相続人から見て孫)がいる場合には、
相続権の割合はどうなるでしょうか?
答えは、子供1人あたりの法定相続分は、
6分の1に代わりありませんので、
それを、孫2名で分けることになります。
つまり、孫1人あたりの法定相続分は、
12分の1、ということになるのです。
このように、亡くなった人の配偶者の有無や、子供の数、
孫の数によって、法定相続分の割合は変化しますので、
その時その時に正確な判断が必要になります。
それでは、亡くなった人の配偶者はすでに亡くなっていて、
子供は3人いて、子供の内1人がすでに亡くなっていて、
その子供(被相続人から見て孫)が2人いる場合はどうなるでしょうか?
その場合の法定相続分の割合としては、
まず、亡くなった人の子供がそれぞれ3分の1となります。
しかし、亡くなった人の子供の内、
1人が既に亡くなっているため、孫に相続権がそのまま移るので、
亡くなった人から見て孫の法定相続分の割合は、3分の1となります。
ただ、孫は2人いるわけなので、
孫1人あたりの法定相続分の割合は、
6分の1ということになるのです。
スポンサーリンク
■ 遺産相続サイト メニュー 一覧 ■
遺産相続について
遺産相続とは
遺産(いさん)とは、相続財産とは
遺産相続の期限
遺産相続の仕方
遺産相続の税は?
遺産の相続人について
遺産の相続人は誰になる?
遺産相続の権利と順位と割合
子供の遺産相続と離婚した子供
遺産相続で孫の権利と割合
子供がいない夫婦の遺産相続は?
兄弟の遺産相続
遺産相続で兄弟の相続割合
叔父の遺産相続、独身の叔父の遺産相続
叔母の遺産相続、独身の叔母の遺産相続
遺産の相続人が認知症なら?
遺産相続の分割・配分について
相続で遺産を分割するには (代償分割と換価分割)
遺産相続の配分について
遺産相続の遺留分とは、兄弟の遺留分、遺留分減殺請求
遺産相続の分割協議書について
遺産分割協議書の添付書類
遺産を相続放棄するには?
遺産相続の手続きについて
遺産相続で遺言書がある時 (遺言書の検認)
遺産相続で遺言書が無い時
遺産相続手続きに必要な書類
銀行預金の遺産相続手続き
遺産相続で不動産を相続するには
遺産相続する不動産の評価額は?
土地の遺産相続とは、相続した土地の評価額は?
土地の遺産相続の必要書類と売却
遺産相続で家を相続するには
遺産相続のトラブルの事例と調停
サイトマップ
◆ プライバシーポリシー
◆ 免責事項
遺産相続手続きや、相続関連についてのリンク集
Copyright (C) 2012  遺産相続とは ALL Rights Reserved