遺産相続では、遺産を相続すると言っただけでは、
自分の物になるものと、ならないものがあります。

具体的に言えば、遺産相続手続きの必要なものと、
そうでないものがあるということです。

遺産相続の手続きの必要がないものは、
絵画や骨董品、すでに手元にある現金などです。

これらは、もらうと言って自分の手にあれば、
自分のものに基本的になるでしょう。

しかし、銀行にある預貯金や土地建物、車や株券などは、
自分の名義に変更するか、現金を払い戻してもらう方法によって、
はじめて自分のものになるのです。

また、遺産相続手続きは、自分ひとりでできる場合と、
そうでない場合があります。

戸籍謄本や除籍謄本、原戸籍から、
自分ひとりが相続人であると確定している場合は、
自分ひとりでも遺産相続の手続きを完了させることができるかもしれません。

しかし、その戸籍謄本などから、他にも相続人がいる場合には、
相続人全員の合意のもとで、合意のわかる書面(遺産分割協議書等)によって、
手続きを進めて完了させなければなりません。

スポンサーリンク

また、銀行の預貯金は、何とか自分でもできるかもしれませんが、
不動産の名義変更となってくると、
非常に専門的な手続きとなり、書類の数も膨れ上がるのが現実です。

その他の遺産相続の手続きには、
保険金などの手続きもあります。

共通して手続きに必要な書類としては、やはり、
被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本、除籍謄本、原戸籍などとなっています。

これらは、相続人の確定にも必要になるため、
最初に取り寄せすべき書類となります。

また、普通は遺産分割協議書も必要な気がするかもしれませんが、
銀行の預貯金の相続手続きでは、銀行の決まった用紙(届出書)に、
代表受取人を決め、代表受取人と共に、相続人全員が署名と実印をして、
全員の印鑑証明書を提出する方法でも、遺産相続手続きを完了できます。

つまり、銀行の相続手続きについては、
かならずしも遺産分割協議書は必要ではないということです。

これは、ゆうちょ銀行でも三菱東京UFJ銀行でも、
三井住友銀行でもみずほ銀行でも、
地方の銀行でも大方同じとなっています。

ただし、不動産の相続の名義変更手続きについては、
遺産分割協議書か、遺産分割協議証明書が必要です。

では、遺産分割協議書と遺産分割協議証明書の違いはなんでしょうか?

まず、遺産分割協議書は、相続人全員が連名し、
押印された同意書的なものです。

逆に、証明書は、ある人が不動産を取得することに同意したということを、
1人が証明するものです。
相続人全員分の証明書がそろえば、全員が同意したことになります。

このように、不動産の遺産相続手続きでは、
他の相続手続きとは異なった書類もあるわけです。

また、ホテルの会員権などについても、遺産相続手続きが必要なのですが、
これについても、遺産としては不動産なので、まずは、不動産の名義変更手続きを済ませた後で、
会員権の名義変更手続きを行う手順となっています。

いずれにしても、遺産相続手続きを進めるためには、まず故人の戸籍をすべて集めて、
相続人の戸籍もすべて集めて、相続人をしっかりと戸籍上確定しておいてから、
遺産分割の話し合いを全員でする流れになります。

そして、話し合いが整えば、
各手続きのための書類を作成して、遺産相続を済ましていくのです。
これを逆の順番で進めてしまうと、うまくいかないこともあるからです。

スポンサーリンク