相続人といえば、家族がまず思い浮かぶと思いますが、
法的にも相続人に該当する人というのはきめられています。

しかも、第一順位から第三順位まであり、
それぞれの順位がいない場合に、下の順位に下がっていく、
つまり、相続人となる人が違ってくるのです。

配偶者については、
第一順位から第三順位の相続人達とは別格で、
かならず相続人となります。

ただし、すでに離婚している場合の配偶者は、
相続人には当然なりません。
あくまで、亡くなった時に婚姻しているかどうかです。

内縁の妻についても、
相続人にはなり得ません。

戸籍上、婚姻しているかどうかだからです。

スポンサーリンク

まず、第一順位の相続人は子です、
そして、子が亡くなっていれば、孫です、
そしてひ孫と下へ下へと行き、いなくなってはじめて第二順位に移ります。

子については、片親が違っても、
亡くなった者の子であれば、子です。
養子も当然子ですが、戸籍上の養子縁組をしていなければなりません。

第一順位の相続人がいない場合にのみ、
第二順位の相続人となります。

第二順位の相続人は、
父母、祖父母、そしてその上へと行きます。
養親がいる場合には、養親も相続人になります。

ですので、父母と養親がいる人は、
それぞれの相続人になります。

全員亡くなっていれば、次にはじめて第三順にに移ります。
第三順位の相続人は、兄弟姉妹です。

兄弟姉妹が亡くなっていて、兄弟姉妹に子がいれば、
子が代襲相続して相続人となります。

注意すべきは、相続人は兄弟姉妹の子までで、
相続は止まるということです。

つまり、子がなく、配偶者もなく、
親も全員亡くなって、兄弟姉妹もいないとなると、
相続人はいない状態となるでしょう。

これらについては、かならず亡くなった者の出生から死亡までの
繋がった戸籍謄本を取り寄せして、
もちろん除籍謄本や改製原戸籍(改正原戸籍)もですが、
第一順位から第三順位の相続人を調査することが必要です。

スポンサーリンク